Muワークスの実績など

実績

鳥羽市の博士を撮影

鳥羽市水産研究所の博士を撮影しました。 大きめのソフトボックスとグリッド付きの小さいソフトボックス、そしてブラックの背景紙をつかいました。 基本ソフトは、Phese oneのCapture Oneで、レタッチにはPhotoshopを利用しました。レタッチ作業としては、首側のひげの削除と歯を少しだけ明るくしました。 画像クリックで大きくなります。 こんな感じ文字を入れたりして使います。 画像クリックで大きくなります。 Capture Oneで編集途中 Photoshopでレタッチの様子

実績

作 FLINT 純米吟醸 酒乃店もりした

Muワークススタジオにて、酒乃店もりしたが取り扱う 作 FLINT 純米吟醸  を撮影しました。 三重の地酒『作zakuブランド』を醸す蔵元清水清三郎商店と伊勢神宮で酒屋を営んでいる森下酒店を繋ぐ酒として、古代史の英雄「ヤマトタケル物語」をインスピレーションし商品化された新ブランドです。 Lightroom等の画像編集ソフトで色味の調整後、Photoshopを使ってハイライトを追加しました。 作 FLINTについてはこちらの弊社ショップサイトからご購入できます。 – 作 FLINT 純米吟 ...

実績

弊社HP用の写真撮影

いくつかのワイン製品の撮影を来ないました。本社 酒乃店もりしたで撮影です。 撮影にはカラーチェッカーや露出計を使いました X-rite エックスライト ColorChecker Passport Photo 2 (カラーチェッカー・パスポート・フォト 2) MSCCPP-B14,608円(05/18 06:05時点)Amazon楽天市場Amazonの情報を掲載しています

実績

酒蔵森下のメニュー撮影 その2

酒蔵森下のメニュー撮影を行いました。 撮影場所:酒蔵森下 〒516-0074 三重県伊勢市本町2-3 撮影機材:Canon 5D Mark IV、TS-E 90mm、大型アンブレラ、トレーシングペーパー、レフバン 前回より数日後、再び同じ場所に訪れました。前回との違いはアシスタントさんをあてがってもらったので設置やレフバン周りが非常に楽に事が進みました。 「料理単品では無く、雰囲気ほしい」ということでお酒のボトルなどを追加。

実績

酒蔵森下のメニュー撮影

酒蔵森下のメニュー撮影を行いました。 撮影場所:酒蔵森下 撮影機材:Canon 5D Mark IV、TS-E 90mm、大型アンブレラ、トレーシングペーパー、レフバン 撮影メモ、撮影場所の制限もあり、機材を最小構成で組みました。テザー撮影でクライアントに写真を見てもらいながらの撮影です。 これらの写真をトリミングして使います。 写真のレタッチについて とても基本的な作業ですが、お皿の汚れをPhotoshopで除去しました。  

© 2021 Muワークス