ジュエリー系ショップ写真の写真撮影練習記 真珠編

  1. HOME >
  2. BLOG >

ジュエリー系ショップ写真の写真撮影練習記 真珠編

ジュエリーの写真依頼が来たいので改めてジュエリー系の写真撮影の型を見直そうということで真珠のネックレスを撮影しました。真珠は球体で反射物なため、なにげに撮影が困難です。球体に「何を写すか」「どういう光の形にするか」を意識してライティングを設置していきます。

ライティングセット率20%ぐらいの状態がコチラです。ここからさらに、あれを設置し、これを設置師と段々とライティングを強化していくということです。こんかいはあくまで「とりあえずのライティング確認」なため、センタリングなどの微調整はせずサクッと撮影しました。とはいってもこのセットを組むのに結構な時間がかかってしまうのでできればこのセットを崩したくないものです。なので何か別のものも収めていこうかなと。

使っているレンズは基本的にマクロレンズです。解像度も高いのでトリミングも自由に行なえます。

この時点ですでに軽めにPhotoshop加工してあります。こんな純粋な白の背景なんぞ存在しませんからね。やろうと思えば バックに設置されているモノブロックストロボの光量を上げればできますが、そうすると真珠の輪郭がとたんに消えてしまうでしょうね。

こういう記事を書くんだったらもう少し真珠側によった写真を用意スべきでした。真珠の表面にできる光と影の形。これを目指してのライティング設置を行います。なかなか楽しいですよ。

ちなみにコチラの真珠のアクセサリーは借り物です

 

スタジオが空いている日


スタジオ利用してみませんか?カレンダーで空いている日を御覧ください。

© 2021 Muワークス